2007年04月06日

無酸素運動

無酸素運動とは、瞬発力に優れた白筋を用いた運動のことで、スクワットなどに代表されるような比較的激しい運動のことを指す。

無酸素運動は、十分に酸素を取り入れながら行う有酸素運動(マラソン、ウォーキングなど)とは対照的に、筋肉内に存在するATP(アデノシン三リン酸)というエネルギー源を使って行う運動のこと。ATPは瞬間的に大きなパワーを生み出すことができるが、ごく短時間しか持続できないという特徴がある。筋肉中のATPだけでは足りない場合は、筋肉内のグリコーゲンや血糖を利用して無酸素的にATPを作り出すことができる。無酸素運動は、筋肉を太く肥大させるのに効果的で、筋力増強を目的としたスクワット、腕立て伏せ、ウェイトトレーニングなどはこれに分類される。ダイエット目的で脂肪を燃焼させるには有酸素運動のほうが効果的。
posted by ダイエットマニア at 02:00| ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有酸素運動

有酸素運動とは、酸素を十分に取り入れながら行う運動のことである。

有酸素運動と対象的に、酸素をあまり取り入れない無酸素運動もある。マラソン、ウォーキングなどは有酸素運動。一般に激しいスポーツといわれるような激しい運動は無酸素運動である。ダイエットや健康維持には息切れするような無酸素運動より、有酸素運動のほうがよい。無酸素運動の場合、エネルギー源として筋肉を使うが、有酸素運動の場合は脂肪を燃焼する。脂肪の燃焼の特徴は、初めの20分間には燃焼されず、血液中にある糖分をエネルギーとして使うことになる。20分後に脂肪が燃焼し始める。つまりダイエットをしようと思ったら20分以上の有酸素運動を行わないと意味がないことになる
posted by ダイエットマニア at 02:00| ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。